オークション写真の撮り方のコツ

オークションで商品を販売するとき、いらなくなったものを
出品するときに大事なのは写真です。
この写真で落札者の方は、おいしそうな商品かどうかや、
中古品の場合はイタミなどの商品状態を判断しますので、
写真を上手にとる、もしくは商品状態をしっかりと
説明している写真を撮る必要があります。
オススメの方法は、自然光で写真をとることです。
これは必須ですよ。
一番その商品の色味を写真であらわしてくれるのが
自然光なんです。
例えば一度洋服を蛍光灯の光でとったのと
比べてみてください。
実際に色味がはっきりと出ているのは自然光だと
思います。
なので、写真をとるときに自然光は必須です。
こうした実物に近いものを撮ることで、
より落札価格もあがりますし、イタミがあっても
相手に事前に伝えることができていますので、
クレームもほとんどこないのです。
使う写真道具はデジカメでOK。
最近では1万円程度でいいものがかえますので、
そうした写真機をつかってよいものをとっていきましょう。



Both comments and pings are currently closed.